🏕初めてのキャンプ反省会~キャンプギア編①~🏕

初めてのキャンプの日、3月末だったのですが

この日は急に気温が下がって

普通に最低気温がマイナスになりました😱

そんな日にキャンプデビューしてしまった私たち!!

そんな思いがけず冬キャンプになってしまった

キャンプデビューでの 使用したキャンプギアの感想です。  

 

 

1.焚き火台は必要!!
2.バーベキューコンロは用途に合わせて!

 

焚き火台は必要

まだ焚き火台まで用意できなかったこの日

でも寒いなら焚き火はしたいよね… ということから

家に眠っていたいわゆるバーベキューコンロを 代用してみよう!!

ということになりました🍖🍖

結果・・・ やっぱり焚き火台は必要やな!!

使ってみて風の通りが悪かったり

そもそも薪自体を自在に置けなかったりで

使い勝手悪いしかなかったです😅 ← 当たり前

これもまたいろんな焚き火台を見に行きました!

最終Colemanの 【ファイヤーディスク】にするか

【ステンレスファイヤープレイス】にするか

で悩みWagaya Styleは 【ステンレスファイヤープレイス】に決定しました🔥

● コールマン(COLEMAN) ステンレスファイアープレイスIII キャンプ用品 焚き火 2000023233

価格:15,238円 (2021/4/22 14:25時点)

● コールマン(COLEMAN) ファイアディスク キャンプ用品 焚き火 2000031235

価格:6,180円 (2021/4/22 14:27時点)

理由は大きさ的にコンパクトに収納できるからという理由です!

でも収納幅でいうと【ファイヤーディスク】のほうがとらないと思います。

あと【ステンレスファイヤープレイス】には専用の網もついており

また、持ち手が内側に倒せてダッチオーブンを

置いたりできるので 調理する際に役立ちます! Colemanステンレスファイヤープレイス ※ただし持ち手を内側にすることで

めちゃめちゃすすが付きますので

元に戻す際はご注意ください!!

欲を言えば鉄板もついてるということなし!!!

Wagaya Style的に【ステンレスファイヤープレイス】の好きな点が

底面にもう一枚鉄板があるところです。

そこが断熱してくれるのでサイトを傷めることがないのです!

結構、芝のところだったりすると底が

低いタイプのものを使用して

焦げてしまっているのをみたりするので

Wagaya Style的にはここがとっても大切です!

低いタイプを使うときは焚き火台シートを是非ご使用ください。  

LOGOS ロゴス アウトドア 焚き火台シート たき火台シート 焚き火シート

価格:1,980円 (2021/4/22 14:29時点)

バーベキューコンロの大きさは用途に合わせて!

Wagaya Styleでは初キャンプの時

3人家族だしということでColemanの【パックアウェイグリル】を使用しました。 Colemanパックアウェイグリル

コールマン Coleman バーベキューグリル パックアウェイグリルII(ブラック) 2000027319

価格:4,320円 (2021/4/22 14:30時点)

お肉を焼く分には3人分焼いて食べてで申し分ないサイズでした。

しかもこれかなりコンパクトで 収納すると

フリスビーが分厚くなったぐらいの大きさ なので場所もとならくていいんです!!

※パックアウェイグリルはかなりの低身長なので

芝でする際は 焚き火シートを使ってください。

でも困ったのが朝ごはん・・・。

火力が当初バーベキューコンロしかなかった

Wagaya Styleはお湯を沸かす、パンを焼くなどすべて

これでするしかなかったのです。

場所が全く足りませんでした!苦笑

結局焚き火台として代用していた

バーベキューコンロも 使ってなんとか無事3人分作ることができました😳

朝食 焦げてる上にあんまり上手に撮れてない。。。

Wagaya Styleのパックアウェイグリルは可愛いのを!

と思ってブルーにしたのですが

長年使ってると塗装がはがれてきてしまいました🤔

そう思うと黒でもよかったかなと今では思ってます。

人数、キャンプの時のお料理メニューでも変わってきますし

形や大きさもいろいろあります。

キャンプへ行く際の全体的な荷物の量や 車の大きさ、

人数なども考慮して 検討してみてください❣

また大きいのと小さいの2種類持たれるのもいいかもしれません!

Wagaya Styleもいまはこの【パックアウェイグリル】と

Colemanの【バーベキューコンロクールスパイダープロ】

というのを使い分けています。

こちらの紹介はまた今度⛅

小さいバーベキューコンロとバーナーやストーブと

合わせるのも 荷物を最小限に抑えるのにおすすめです!

https://nonbirioutdoor-wagayastyle.com/hajimetenokyannpuhannseikai-tennto/

https://nonbirioutdoor-wagayastyle.com/hajimetenokaynnpuhannseikai-kyannpugiahenn2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA